MENU

TOKYO 働きやすい福祉の職場宣言

社会福祉法人白百合会 恩方ホーム

2022年06月15日 更新

事業所基本情報

名称 恩方ホーム
所在地
八王子市 東京都八王子市下恩方町180番1号
電話番号 042-651-3157
メールアドレス info-ongata@shirayurikai.tokyo
ホームページURL
事業分野 高齢者
実施事業 短期入所生活介護(介護予防)
事業所の詳細な情報については、「とうきょう福祉ナビゲーション」をご覧ください。
(一部に情報が未掲載の事業所もあります。)

概要情報

PR動画
http://www.shirayurikai.tokyo/ongatahome/
運営方針・理念 ◯法人理念
・尊敬と真心  ・協働と進歩

○業務方針
・(さりげない日常の中でこそ)目の前に居る人へ尊敬と真心を伝える
・(困難なときにこそ)互いに話し合い助け合いながら、その先へ進む
求める人材像 ◯法人
1、利用される方とご家族にとって「幸せな日々とは何か」を常に考え、仕事に取り組む人財
2、互いを尊重し、共に成長しながら仕事に取り組む人財
3、効果と効率の両立、サービス向上とのバランスを考え、実行できる人財
4、自らを高める努力を惜しまず、社会に選ばれるサービスを提供できる人財

◯恩方ホーム 
1、一人ひとりが少しの臆病さと、心のどこかに謙虚さを持って職場に臨むこと
  ⇒どんなに経験があっても、上位の役職にあっても慢心になってはいけない
2、馴れ合いの関係になる前に、親しき他人であること
  ⇒職員同士でも入居者との関係でも、他人同士であることを忘れてはいけない
3、他の職員や他の部署を非難したり、低く見下す前に、まず自らの足元を見直すこと
  ⇒他を非難することは非常に簡単だが、自らを正すことは大変な努力を要する
職場のアピールポイント ・八王子の西部にある上恩方地区に昭和44年特別養護老人ホームとして開設し、平成22年の建て替えにより下恩方地区に移転し、自然豊かで景観の良い小高い丘の上に、ユニット型特養ホームとして再スタートし、ご入居者の尊厳や生きがいを大事にしながら運営しており、長年の実績をふまえながらも、皆さんが日々必要とする日常課題の解決に、職員の知恵と工夫を持って努めています。
・短期入所生活介護事業(予防含む)は、空床型で定員8名で事業運営を行っております。
・ご入居者を中心としたユニットケアの実践に努めており、ご入居者が安心、安全に生活できるよう環境整備を行っております。
・リハビリチームを単独で持ち、特別養護老人ホームの中でも特にアクティビティーが充実した施設を目指しており、体操や歌、手工芸などのプログラムの提供を毎日行っており、日帰りツアーや外出など、ご入居者が生きがいや楽しみを持って生活できるよう努めております。
・年間休日数122日かつ有給休暇取得率も高く、ワーク・ライフ・バランスを大事にしながら働くことができます。
・親睦会主催の懇親会(暑気払いや忘年会)や制服費毎年支給など福利厚生が充実しており、職員間の交流も多く働きやすい職場です。
・介護福祉士の資格取得支援費など、研修参加の支援などのキャリアアップ、スキルアップも可能。
・マイカー通勤可能で、無料駐車場を完備。
職員数 85名
職員雇用区分別人数 正職員62名、非常勤21名、アルバイト2名
職員数(男女別構成) 男性30名、女性55名
在職職員の年齢構成 20代3名、30代20名、40代26名、50代24名、60代10名、70代2名
社会保険 あり
退職金制度 あり
定年制度 あり
健康管理に関する取組 ・産業医を含む安全衛生委員会を毎月1回開催
・職員健康診断を毎年実施(雇入れ健診含む)
・腰痛健診(年2回) ・特定業務従事者健康診断の実施
・職員のインフルエンザ予防接種全額助成
・産業カウンセラーによる希望者への面談
その他の福利厚生 ・制服代毎年支給(入職3ヶ月以降) ・資格取得支援 ・親睦会主催による職員懇親会年3回(料亭、ホテルなど)
・慶弔金 ・表彰制度 ・永年勤続休暇 ・職員紹介推薦制度による報奨金の支給
地域における公益的な取組の内容 ・恩方祭りを開催し、ご入居者と地域住民の交流を活性化
・社会貢献型自動販売機の設置
・生活困窮者等の緊急入所などの積極的な受入

宣言事業所詳細情報

過去3年間の新規入職者の採用数と退職者数 平成29年度 入職 14名 うち平成29~令和元年度の退職 8名
平成30年度 入職 11名 うち平成30~令和元年度の退職 2名
令和元年度 入職 20名 うち令和元年度中の退職 3名
早期離職防止・定着のための取組 ・入職前及び採用面接時における丁寧な施設見学案内の実施
・入職後1ヶ月~3ヶ月の期間で入職時オリエンテーション(事務、生活相談員、介護、栄養、施設長など)の実施
・親睦会の開催による職員間の交流や、施設長や上司が必要に応じヒヤリングを実施しフォローする体制を構築している。
採用前の職場体験・見学 あり
研修体系の整備状況とその内容 ・法人内の施設が合同で行う「法人研修」を職層別(経営コース、人材コース)や「ユニットケア勉強会」での開催
・施設内研修 年11回(令和元年度実績)
・施設外研修(OFF-JT)や資格取得研修の積極的な派遣(令和元年度実績 計92回)
新規採用者研修の内容 ・新規採用職員オリエンテーション(総務、栄養、介護など全ての部署担当者による)
・身体拘束適正化研修
・事故予防研修
・倫理研修
研修機会の確保・出席率向上に向けた取組 ・法人研修はコース制となり、グループ毎に勤務を調整し全日程を参加します。
・施設内研修は、職員会議内で開催し、業務時間内にて実施することで出席率向上に取り組んでいる。
・外部研修においては、職員の参加希望に応じて積極的に派遣し、勤務も調整している。
評価制度の対象者と評価の内容 全職員に対し、人事評価シートを用いて実施している。
評価に関する面談の実施 あり
評価制度の給与賞与への反映の仕組み ・年2回の人事考課の結果に基づき、夏期・冬期賞与の支給額に反映している。
【新卒】初任時の月次給与額(所定内賃金) 229,100円
【中途採用】初任時の月次給与額(所定内賃金) 235,200円
初任時の月次給与額の説明 【新卒】(モデル賃金:4年制大学卒・有資格者の場合)
基本給:169,100円
手当:職能手当(介護職員)40,000円、資格手当(介護福祉士)12,000円 、住宅手当8,000円

【中途】(モデル賃金:前歴5年・4年制大学卒・有資格者の場合)
基本給:175,200円
手当:職能手当(介護職員)40,000円、資格手当(介護福祉士)12,000円 、住宅手当8,000円
主な手当 ・管理職手当(月額50,000円~) ・職務手当(月額5,000円~30,000円) ・資格手当(月額4,000円~12,000円) ・職能手当(月額30,000円~40,000円) ・介護職員処遇改善手当 ・介護職員等特定処遇改善手当 ・超過勤務手当 ・深夜勤務手当 ・夜勤手当(1回5,145円) ・宿直手当(1回6,300円) ・期末勤勉手当 ・住居手当(世帯主月額8,000円) ・扶養手当(月額3,000円~8,000円) ・通勤手当(上限月額25,000円まで)
新卒入職3年目の年間賞与支給額 対象者なし
新卒入職3年目の年収 対象者なし
キャリアパスの概要と階層ごとの年収 【部長職】年収5,500,000円~
【課長職】年収4,800,000円~
【マネージャー職】年収4,500,000円~
【リーダー職】年収4,200,000円~
【サブリーダー職】年収3,800,000円~
【一般職】年収3,300,000円~
年間休日数 122
各種休暇制度(法定休暇除く) 特別有給休暇(結婚休暇、配偶者の出産休暇、忌引休暇、誕生日休暇)、報酬休暇、特認休暇、生理休暇
採用1年目の休日出勤日数 0
平均有給休暇取得日数 10日
平均有給休暇取得率 100%
夜勤時の勤務時間 20:00~翌7:00
1ヶ月平均夜勤回数 4
夜勤時の人員配置 5名(2ユニットに1名配置)
育児休業取得者数(過去5年間) 4
育児休業後の復帰継続勤務職員の数(過去5年間) 3名(現在、1名育児休業継続中)
産後職場復帰しやすい取組 あり
産後職場復帰しやすい取組の内容 ・復帰前に今後の働き方を協議し、無理のない職場復帰となるようサポート
・育児休業規程に則り、復帰後の時間短縮勤務可能
・土日祝日休暇優先など、子育てに配慮しながら勤務調整
介護休業取得実績(過去5年間) 1
年次有給休暇取得奨励の取組の内容 ・入職時オリエンテーションにて、就業規則での有給休暇取得の手続きについて説明
・就業規則にて、有給休暇の計画的付与について規定
・職員の有給休暇管理を総務で行い、取得できていない職員については声掛け等の取得働きかけ
・運営会議にて、有給休暇の適正取得について説明
・時間単位での短時間有給休暇の取得も可能で、取得しやすいよう取り組んでいる
時間外労働時間数(月平均) 2.7
超勤時間縮減に向けた取組 あり
超勤時間縮減に向けた取組の内容 ・運営会議にて、施設長より超過勤務削減に向けた改善状況の報告
・超過勤務労働時間を振替休暇取得で対応
仕事と育児・介護の両立に向けた取組 あり
仕事と育児・介護の両立に向けた取組の内容 ・育児休業規程に則り、復帰後の時短勤務
・育児中の土日祝日休暇への配慮

TOKYO 働きやすい福祉の職場宣言取組状況

取組状況100%

  • 宣言年月日 2020年10月20日
  • 更新年月日
  • 宣言有効期限 2023年10月31日
達成項目名 取組状況
運営方針・理念を明文化している

達成

採用前の職場体験や職場見学を実施するなど、求職者に対し職場環境に関する情報を発信している

達成

求める人材像を明確にしている

達成

新規採用者を育成する体制を整備している

達成

階層、役割ごとの人材育成環境を整備している

達成

マニュアル等を整備し、人材育成に活用している

達成

外部研修、勉強会等職員の能力開発を奨励している

達成

キャリアアップの仕組みが整備されている

達成

仕事の成果・取組状況等に対する評価を実施している

達成

評価に応じて処遇改善する仕組みを整備している

達成

休暇取得、超過勤務縮減等に向けた取組を実施している

達成

仕事と育児・介護が両立できる取組を実施している

達成

健康管理(メンタルヘルス対策含む)に関する取組を実施している

達成

職場内でのコミュニケーション活性化のための取組をしている

達成

表彰制度など職員のモチベーションを高める取組を行っている

達成

苦情やクレームに対して、組織として対応する体制がある

達成

地域貢献や地域との交流を実施している

達成

宣言情報に関する現地調査 なし
調査年月日

職員からのメッセージ

守屋 和彦さん   (2017年入社)

仕事の内容

 私は恩方ホームに入職して、今年で3年目となります。仕事内容は、介護職員として、ご入居者への生活支援を中心に行っており、現在はユニットリーダーとして、ご入居者を中心に考えたケアの実践を目指し、一緒に働く介護職員、看護師、生活相談員及びケアマネージャーと検討しています。
 当施設では、ユニットケアを導入しており、ご入居者の生活がご入居前のご自宅での生活に近い、「暮らしの継続」を目指して取り組んでおり、その他にも季節に応じたイベントや秋にはご入居者や地域のために施設全体で恩方祭りを、職員協力しながら開催しています。

職員からのメッセージ

 私が恩方ホームに入職した時、「職場に馴染めるか」、「職員の方とうまくやっていけるか」など不安と緊張で一杯でしたが、先輩方がやさしく声を掛けてくださり、すぐに職場に慣れることができました。
 また当施設は、キャリアアップやスキルアップのための資格取得支援や、研修参加等のサポートも充実しており、私も現在、施設のサポートを受け、『認定介護福祉士』を目指しており、日々の業務と目指すものに向かって『やりがい』を持って働ける職場です。

運営する法人の情報

名称 社会福祉法人白百合会
法人所在地
あきる野市 東京都あきる野市三内436番16号
電話番号 42-596-3456
FAX番号 42-595-1654
メールアドレス
ホームページURL
事業分野 高齢者
実施事業 指定介護老人福祉施設/短期入所生活介護(介護予防)
この法人が運営するその他の事業所

恩方ホーム(指定介護老人福祉施設)

増戸ホーム(指定介護老人福祉施設)

増戸ホーム(短期入所生活介護(介護予防))

社会福祉法人白百合会 恩方ホーム の詳細ページにもどる
このページのトップへ