MENU

介護支援専門員(ケアマネジャー)

介護支援専門員(ケアマネジャー)は、要介護者等からの相談に応じ、要介護者等が心身の状況に応じて適切な介護サービスが利用できるよう、市町村や居宅サービス事業者、介護保険施設などとの連絡・調整を行い、要介護者等が自立した日常生活を営むのに必要な援助に関する専門的知識及び技術を有する者として、介護支援専門員証の交付を受けた者です。
居宅介護支援事業所に配置され、居宅介護支援のサービスを提供します。また、介護保険施設や地域包括支援センターにも配置されています。


介護支援専門員の資格を取得するためには

 (1)都道府県が行う介護支援専門員実務研修受講試験に合格し、

 (2)介護支援専門員実務研修を修了した日から3か月が経過する日までに

 (3)都道府県の介護支援専門員資格登録簿への登録 が必要です。

 業務に従事するためには、さらに

 (4)介護支援専門員証の交付 が必要です。

 なお、介護支援専門員証の有効期間は5年です。有効期間を更新するには、更新のための研修を受講し、専門員証の交付申請をすることが必要です。
 まず、(1)の実務研修受講試験の受験資格を得るためには、保健・医療・福祉分野で原則として5年以上の実務経験が必要です。
 実務経験の5年以上とは、在職期間が通算して5年以上あり、かつ当該業務に従事した実勤務日数が900日以上あることとされています。勤務形態(常勤・非常勤など)、勤務時間は問いません。
 なお、受験資格となる実務経験に該当する範囲等については、受験要項等で必ずご確認ください。

介護支援専門員実務研修受講試験の概要

 実務研修受講資格試験は、国の提示する内容で都道府県ごとに実施されます。

  【試験日】
 年1回、10月に筆記試験を実施。合格者に対し、実務研修(研修および実習)が実施されます。

 【受験申込期間】
 6月上旬~7月上旬(試験日により変動します)

 【試験科目】
 <介護支援分野> 介護保険制度の基礎知識/要介護認定等の基礎知識/居宅・施設サービス計画の基礎知識等
 <保健医療福祉サービス分野> 保健サービスの知識等/福祉サービスの知識等

介護支援専門員実務研修受講試験に関する問合わせ先(東京都の場合)

 公益財団法人 東京都福祉保健財団 人材養成部 介護人材養成室 ケアマネ試験担当
 〒163-0719 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル19階
 TEL:03-3344-8512


 

このページのトップへ