MENU

義肢装具士(国家資格)

義肢装具士は、なんらかの障害で手や足の一部または全部を失った人や四肢・体幹に障害を受けた人たちに対して、義肢や装具を適合させ、利用者が日常生活を送る上で必要な機能の回復を図ることを目的とした国家資格です。
義肢装具士の大半は、民間の義肢装具制作施設に所属し、病院やリハビリテーション施設等に出向き業務を行うのが一般的です。

 



【国家試験について】

資格を取得するには、文部科学大臣が指定した大学、または厚生労働大臣が指定した義肢装具士養成所において3年以上義肢装具士としての知識及び技能を修得するなどし、国家試験に合格する必要があります。

受験資格や試験の詳細については、下記より最新情報をご確認ください。

厚生労働省
資格・試験情報

このページのトップへ