MENU

公認心理師(国家資格)

公認心理師国家試験に合格し、公認心理師の名称を用いて、保健医療、福祉、教育等の分野で、心理学に関する専門知識や技術を用いて、
(1)心理状態の観察、その結果の分析
(2)心理に関する相談、助言、指導
(3)関係者への相談、助言、指導
(4)心の健康に関する知識の普及を図るための教育・情報提供
を行います。


【資格取得について】
主な受験資格は、
(1)大学で指定の心理学等の科目を修め、かつ大学院等で指定の科目を修めその課程を修了
(2)大学で指定の科目を修め、卒業後2年以上の実務経験
(3)その他、公認心理師法施行(2017年9月15日)以前の入学者、修了者むけにさまざまな受験資格があります。

詳細については下記より最新情報をご確認ください。

厚生労働省
公認心理師

このページのトップへ