MENU

サービス管理責任者

サービス管理責任者は、利用者が適切なサービスを受けられるよう「個別支援計画」を作成し、実施管理を行う職員です。
「個別支援計画」は、利用者の能力や環境、生活全般の状況を考慮し、面接によって本人の要望や課題を踏まえた上で作成します。
実施に際しては本人や家族への説明、実施状況の把握、定期的な見直しを行います。
また、サービスを提供する職員への技術指導や連絡調整、地域での自立生活が可能な利用者へのサポートなども行います。



【研修の受講について】

サービス管理責任者の資格要件は、国が指定した所定の分野において相談支援や直接支援の実務経験が3~8年あることと、下記の合計5日間の研修を受講することです。受講には勤務している指定事業所からの推薦が必要です。

東京都福祉保健局
相談支援従業者初任者研修講義部分【2日間】
サービス管理責任者研修 及び 児童発達支援管理責任者研修【3日間】

※実務経験の詳細については、下記をご確認ください。
東京都障害者サービス情報 書式ライブラリー 04サービス管理責任者の要件について

このページのトップへ