MENU

相談支援専門員

相談支援専門員は、相談支援事業(一般相談支援特定相談支援障害児相談支援)に専従する職員です。
障害のある方が自立した日常生活、社会生活を営むことができるよう、「サービス等利用計画」の作成とモニタリング、入所型施設や病院からの退所・退院後の地域生活への移行支援、単身生活のフォローなど、障害のある方の全般的な相談支援を行います。



相談支援専門員になるには、以下の要件を満たしていなければなりません。

  1. 指定された業務の実務経験(3~10年)があること
  2. 相談支援従業者初任者研修(5日間)を修了
  3. 相談支援従業者現任研修(3日間)を修了(※5年に1回以上の受講があること)
    ※2.3. の研修には事業所からの推薦が必要です。

詳細については、下記をご確認ください。

東京都心身障害者福祉センター
東京都相談支援従事者初任者研修 実施案内

東京都相談支援従事者現任研修 実施案内

このページのトップへ