MENU

児童発達支援管理責任者

児童発達支援管理責任者は、児童福祉法における障害児サービスのすべての事業に配置がある職員です。
サービスを利用する子どもの能力や環境、希望などをふまえて「児童発達支援計画」を作成し、その実施にかかる調整や定期的な見直しを行います。
子どもやその家族からの相談対応や、他の職員への技術指導なども行います。


【研修の受講について】

児童発達支援管理責任者の資格要件は、国が指定した所定の分野において相談支援や直接支援業務に3~8年の実務経験があり、そのうち障害児、児童、障害者に対する相談支援、直接支援3年以上の実務経験を持った者が下記の合計5日間の研修を受講することです。受講には勤務している指定事業所からの推薦が必要です。

東京都福祉保健局
相談支援従業者初任者研修講義部分【2日間】
サービス管理責任者研修 及び 児童発達支援管理責任者研修【3日間】

※実務経験の詳細については、下記マニュアルの14~16ページをご確認ください。
児童発達支援・放課後等デイサービス指定申請マニュアル

このページのトップへ