MENU

小規模多機能型居宅介護

小規模多機能型居宅介護は、利用者に身近な地域の施設に日帰りで通っていただく「通所サービス」を主として、利用者の心身状態や希望に応じて同一の施設に宿泊していただく「施設サービス」、利用者の自宅に伺う「訪問サービス」を提供するものです。要介護度が高くなっても自宅で暮らせるよう支援する地域密着型サービスです。
サービスごとではなく、利用者ごとの担当となってサービスを横断的に提供するため、さまざまな介護業務に対応するスキルが求められます。



【関連職種】

介護職員/介護従業者
介護支援専門員(ケアマネジャー)
看護職員

このページのトップへ