MENU

看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)

看護小規模多機能型居宅介護は、医療行為が必要な利用者に対して、介護職員による「通所サービス(通い)」・「施設サービス(宿泊)」・「訪問サービス」と、看護師による「訪問看護」を組み合わせた複合型のサービスです。

退院直後の方の在宅生活への移行支援や、がん末期の看取り期・病状不安定期の在宅生活の継続支援などを目的としています。



【関連職種】

介護職員/介護従業者
介護支援専門員(ケアマネジャー)
看護職員

このページのトップへ