MENU

自立援助ホーム

自立援助ホームは、保護者の病気や死亡、離婚、または保護者からの虐待(ネグレクトを含む)など、なんらかの理由で就労し、自活せざるを得なくなった原則15~21歳の子どもに共同生活の場を提供する施設です。
義務教育終了後、就職して児童養護施設を退所するなどした子どもが、社会に適応し、大人に対する信頼感を取り戻して、精神的・経済的・社会的自立を確立できるよう、学習支援や就労支援、心理的ケアなどを行います。



 
【関連職種】

指導員(主として児童自立生活援助を行う者)

このページのトップへ